YUSUKE HORIGUCHI

2016年07月06日

選挙について

20代の頃は確か選挙の投票へは行っていなかったような気がする

何回か行った記憶はあるが、記憶が少ないので、きっと行ってない方が多いのだと思う

大学生の頃に「無関心は最大の罪だ」なんて言葉を耳にした事があるが、今思うのは罪というか、無関心はヤバイよな、と

ただ思うのが、関心を持ったとしても各人が主張している内容が複雑すぎてわからないというか、良し悪しの判断がなんと難しいことか

どの主張を採用しても得する人、損する人がいる

政治と呼ばれている諸々を知る為に費やせる時間をそんなに割けないので、誰に投票するか、どの政党に投票するかを決めるのは正直感覚によるところが大きい

具体的な政策が無い、中身がすっからかん。だから選ばない。

そういう理屈よりは、情熱がある、人を惹きつける魅力がある。だから選ぶ。

そういう選び方でもいいかなと。

言ってる事がまともに思え、ある程度共感でき、共感できない部分は許容でき、嘘っぽくないのであればそれでいいんじゃないか

中身は後でついてくるだろう。

自分も中身は後で詰めるタイプだし


とりあえず、選ばれたら命賭けて取り組んでくれる人が選ばれたらいいな、と思う

170heltz


AOKING
月別アーカイブ
サイト内検索

Copyright (c) YUSUKE HORIGUCHI. All Rights Reserved.