YUSUKE HORIGUCHI

2017年06月08日

千駄ヶ谷最後の夜

4人家族の引越しは荷物が多くて大変・・・


単身の引越しとは桁違いに疲れた・・・


今回は丸4年住んだ渋谷区千駄ヶ谷の賃貸からの引越し


購入した埼玉の新築マンションへ

前回は港区南青山で丸4年


26歳〜34歳の間、計8年間一等地と呼ばれるエリアに住んだ事で得られたものは何なのか


それは、自分は何も持っていないという認識。


上には上がいて、更に上がいて、一生かけても手が届かないような世界がある


スポーツだと、自分の限界へ挑戦する、とか手が届かない世界へ一歩でも近づく為に努力する、という気力が沸くが、


収入や生活水準についてはそういう気力が沸かなくなった


マイペースで身の丈にあった生活を送っていけばいいだろう、と


25歳の頃は勿論、南青山エリアの華やかなイメージに憧れ、華やかな世界の人間になりたいと願い、それを実現させる為に南青山への引越しを決めた


8年経って、夢敗れ去りし者として都心から去る


挫折というか、方向転換というか


正直、これ以上このエリアで人生を進めて行ったとしても居心地が良いとは思えない


このエリアの事は好きだけど、ここでこれから家族で過ごすライフイベントを送っていきたいかどうかは別で


自分だけが楽しめる場所ではなく、家族全員で楽しめる場所を選んでいかないといけない


田畑がある、川で遊べる、かぶとむしが採れる


これからは、自分が生まれ育った土地のようなエリアで人生を進めて行く事にした


千駄ヶ谷最後の夜、照明のない部屋にて


人生は自分ひとりで進めていくものではないんだ、と悟る


人生のステージを前に進めていくことで、新たな刺激と出会える可能性に期待



170heltz


AOKING
月別アーカイブ
サイト内検索

Copyright (c) YUSUKE HORIGUCHI. All Rights Reserved.